2015年10月13日火曜日

[bash]ビルトインコマンドのヘルプ

プロセスの消費リソース表示 その1で2種類のtimeコマンドについて書いたけど、シェルのビルトインコマンドがどのようなオプションを受け付けるのかあまりよくわかってなかった。
manで調べると外部コマンドのtimeの情報が出てくる。

$ man time

調べてみたところbashのビルトインコマンドの説明はhelpで出てくるらしい。
例えばtimeの説明は以下のようになる。

$ help time
time: time [-p] pipeline
    Report time consumed by pipeline's execution.
    
    Execute PIPELINE and print a summary of the real time, user CPU time,
    and system CPU time spent executing PIPELINE when it terminates.
    
    Options:
      -p        print the timing summary in the portable Posix format
    
    The value of the TIMEFORMAT variable is used as the output format.
    
    Exit Status:
    The return status is the return status of PIPELINE.
times: times
    Display process times.
    
    Prints the accumulated user and system times for the shell and all of its
    child processes.
    
    Exit Status:
    Always succeeds.

これを見るとtimesというビルトインコマンドもあることがわかる。
面白いのはifやforといったシェルの制御構文もhelpで見られるところ。

$ help if
$ help for

シェルスクリプトを書いていて、ちょっと書き方を参照したいときにいちいちweb等で調べなくていいので便利。

0 件のコメント:

コメントを投稿